【明快】独自ドメイン取得におすすめのサービスを比較!決め方も解説

独自ドメインとは、インターネットにおけるWebサイトの住所を表す文字列です。

WordPressによるサイト/ブログのURLとして設定する用途が一般的で、1,000円ほどの費用で誰でも簡単に取得ができます。

独自ドメイン取得時に確認するべき選び方のポイントやおすすめのサービスとは?

本記事は、ブログブートキャンプのブログの始め方-WordPress独自ドメインに関する内容となります。

レオ

WordPressに独自ドメインが必要なんだけど、決め方とおすすめの取得サービスを教えて!

アレックス

独自ドメインの取得は色々な選択肢があって、初心者が悩むポイントの1つだ。しっかり選べるよう要点を確認していこう。

ジャンプできる目次

この記事の著者

アレックス
@blog_bootcamp

アレックス(ALEX)

10年間のブログ経験を活かしてブログブートキャンプを2020年に設立。ブログ運営スキルを鍛え上げるためのノウハウを発信中。

独自ドメイン取得のポイント

独自ドメイン取得のポイント

独自ドメインを取得する際に、事前に把握しておくべき5つのポイントを紹介します。

独自ドメインや取得サービスの選択肢は多数ありますが、最低限見るべきポイントを押さえて、ドメイン取得をお得・確実に進めていきましょう。

取得・更新費用の安さ

独自ドメインの取得費用と更新費用

独自ドメインの取得時には、取得費用と更新費用の両方を確認しておくことがポイントです。

  • 取得費用
    ドメイン新規取得時に1度だけかかる初期費用
  • 更新費用
    2年目以降のドメイン更新時に毎年かかる費用

特に独自ドメインの種類によっては、取得費用だけが安くなっていて、2年目以降の更新費用から高くなるドメインもあるので注意が必要です。

一般的に、1度取得した独自ドメインは何年にも渡って運用し続けるものなので、長期契約を想定して総額費用で比較するようにしましょう。

レオ

独自ドメインの長期運用を考えると、取得費用の安さより更新費用が安いことが重要だね。

アレックス

取得費用だけ大幅な割引を適用して、見かけ上だけ安く見せているドメインには要注意だ。

運営する企業の信頼性

ドメイン取得サービスを運営する企業の信頼性は、料金と並んで重要なポイントになります。

その理由は、あまりにも小規模な運営会社だと最悪の事態として倒産してしまうことが考えられ、取得したドメインを失うリスクがあるためです。

基本的には、信頼できる大手企業が提供する運営歴が長いドメイン取得サービスを選びましょう。

Whoisを非表示にできるか

Whois情報の非表示

個人情報を守るために重要なWhois非公開のオプションがあるかも確認しておきましょう。

ドメイン取得者の氏名や連絡先は公に開示される情報ですが、Whois非公開・Whois情報公開代行を使うことで個人情報を非公開にできます。

また、情報を非公開にできる範囲も必ず確認してください。中には、.jpでは非公開にできないというドメイン取得サービスもあります。

無料の独自ドメインもあり

ConoHa WINGの独自ドメイン無料サービス
ConoHa WINGの独自ドメイン無料サービス

レンタルサーバーの契約で独自ドメインが永久無料になることがあるので、活用してみましょう。

独自ドメイン無料の特典があるレンタルサーバーは、次の4つのサービスです。特に、ConoHa WINGとロリポップはいつでも無料になります。

ただし、独自ドメイン無料はレンタルサーバー側の特典なので、ドメイン取得サービスではなくレンタルサーバー側からの契約が必要となります。

レオ

そのうちサーバーも用意しようと思ってたから、レンタルサーバーの独自ドメイン無料特典で申し込んでみようかな!

アレックス

独自ドメインとサーバーを併せてWordPressでサイト・ブログを開設しようしている場合は、間違いなくお得だな!

独自ドメインが無料になるサーバーはこちら

ドメイン名が決められない?

ドメイン名の決め方

独自ドメインの取得は早い者勝ちなので、悩み続けるよりも早めに確保しておくことが重要です。

ドメイン前半の決め方は、ブログのサイト名やジャンル名、自分のハンドルネームなどからキーワードを抽出し、文字列を考えてみてください。

ドメイン末尾の決め方は、迷ったら最もメジャーな.comを選びましょう。希望文字列が空いていない時は、.net.orgでもOKです。

そこそこでよしとする

完璧な名前を選ぶことに夢中になってしまう人がたくさんいますが、その時間は、まずまずのドメイン名を使って優れたブランドを構築するために費やすこともできたはずです。完璧なドメインを選ぶことに捕らわれてなかなかビジネスやプロジェクトを立ち上げられない、ということにならないようにしましょう。

引用元: Google Domains-最適なドメイン名の決め方

独自ドメイン取得サービス 比較表

ドメイン取得サービス おすすめ度 使い勝手 取扱ドメイン種類 .comの取得費用 .comの更新費用 Whois情報公開代行 ドメインロック サーバーの提供 サポート体制
エックスドメインエックスドメイン 使いやすい 70種類 110円 (税込) 1,298円 (税込) あり
無料
あり
無料
あり
エックスサーバー
電話・メール
スタードメインスタードメイン 使いにくい 68種類 968円 (税込) 1,298円 (税込) あり
無料
あり
無料
あり
スターサーバー
メール
ムームードメインムームードメイン 使いやすい 401種類 1,149円 (税込) 1,790円 (税込) あり (.jpは不可)
無料
あり
1,452円/年 (税込)
あり
ロリポップ
メール・チャット
お名前.comお名前.com 使いにくい 426種類 99円 (税込) 1,408円 (税込) あり (.jpは不可)
無料
あり
1,078円/年 (税込)
あり
お名前.com レンタルサーバー
電話・メール
バリュードメインバリュードメイン 使いにくい 108種類 968円 (税込) 1,408円 (税込) あり
無料
あり
無料
あり
コアサーバー
メール・チャット
GoogleドメインGoogleドメイン 使いやすい 331種類 1,540円 (税込) 1,540円 (税込) あり (.jpは不可)
無料
あり
無料
なし メール

国内で高いシェアを獲得しているドメイン取得サービスの主な特徴を比較表にまとめました。

取得費用/更新費用については、数十〜数百種類のトップレベルドメインの選択肢がありますが、最もメジャーな.comに絞って比較しています。

ドメイン取得サービスのロゴをクリックすると、それぞれのサービスの詳細情報を確認できます。

レオ

結局、どこのドメイン取得サービスがおすすめなの?

アレックス

ドメイン料金が取得・更新ともに安くて使いやすさも抜群のエックスドメインがおすすめだ!

独自ドメイン取得におすすめのサービス

独自ドメイン取得におすすめのサービス

ここからは、厳選したドメイン取得サービスのおすすめをランキング形式で紹介していきます。

各サービスの主な特徴に加えて、ユーザーの投稿を元にした評判・口コミも載せているので、独自ドメイン取得の参考にしてみてください。

1. エックスドメイン

エックスドメイン

おすすめ度: (5.0)

◎: 運営の信頼性
運営会社 エックスサーバー(株)
運営実績 2013年〜
○: ドメイン種類
取扱ドメイン数 70種類
◎: 費用
.com取得費用 110円 (税込)
.com更新費用 1,298円 (税込)
◎: サービス
Whois公開代行 あり
ドメインロック あり (無料)
サーバー提供
サポート体制 電話・メール

エックスドメインは、国内最安を売りに急成長を続けているドメイン取得サービスです。

2013年にICANN公認レジストラのネットオウルを関連会社化したことで低価格を実現し、料金の安さとサービスの充実度はトップクラスです。

独自ドメインとレンタルサーバーを1つの管理画面でまとめて管理することができ、連携の簡単さも含めて、使いやすさは間違いなくNo.1です。

エックスドメインの評判・口コミ

良い評判

  • ドメインの更新費用が安い
  • 管理画面がわかりやすい
  • サポートが非常に丁寧

悪い評判

  • 取扱ドメイン種類が少ない

ドメインはエックスドメイン一択〜

お名前使ってたけど、サイト構成がユーザーライクじゃなさすぎるからやめた

初期費用はお名前のほうが安いんだけど、あとあと高くつきすぎるから安定のエックスドメインがやっぱいい

引用元: アフィリエイトなうなハニちゃん@hanichan_writer

Xdomain(エックスドメイン)初めて使ってみた。わかりやすいし、使いやすい。また使ってみよう。

引用元: やはお@xyaha0x

2. スタードメイン

スタードメイン

おすすめ度: (4.5)

◎: 運営の信頼性
運営会社 ネットオウル(株)
運営実績 2009年〜
○: ドメイン種類
取扱ドメイン数 68種類
○: 費用
.com取得費用 968円 (税込)
.com更新費用 1,298円 (税込)
◎: サービス
Whois公開代行 あり
ドメインロック あり (無料)
サーバー提供
サポート体制 メール

スタードメインは、ネットオウルが運営している格安を売りにしたドメイン取得サービスです。

スタードメインでドメインを取得すると、ディスク容量は3GBと少ないですが、広告表示なしのレンタルサーバーを無料で利用可能になります。

また、.comの更新費用はエックスドメインと並んで最安値となっているため、Webサイト運営の費用を押さえたいという方におすすめです。

スタードメインの評判・口コミ

良い評判

  • ドメインの更新費用が安い
  • 無料レンタルサーバーがある

悪い評判

  • 取扱ドメイン種類が少ない

ホムペの作業を相変わらず放置してるのだけど、スタードメイン契約で付いてくる無料レンタルサーバーがとても嬉しいのよね。3GBまでだけど、SSD稼働だしWordPress使えるし広告つかない(自分で貼れる)から、低価格で始めたいライターみんなが使えばいいよ。ライター以外は容量と相談かな。

引用元: 八重@ライターのお仕事@toumori80

てかスタードメインの無料サーバーめっちゃええやん
WordPressで個人サイトやろうと思っている皆さんに布教したい
.comドメインを取れば月額100円ちょいで独自ドメインの個人サイトが作れるぞ

引用元: Degharl/DeR/デアール@Degharl

3. ムームードメイン

ムームードメイン

おすすめ度: (4.0)

◎: 運営の信頼性
運営会社 GMOペパボ(株)
運営実績 2004年〜
◎: ドメイン種類
取扱ドメイン数 401種類
△: 費用
.com取得費用 1,149円 (税込)
.com更新費用 1,790円 (税込)
○: サービス
Whois公開代行 あり (.jpは不可)
ドメインロック あり(1,452円/年)
サーバー提供
サポート体制 メール・チャット

ムームードメインは、GMOペパポが提供している国内最大級のドメイン取得サービスです。

取得費用・更新費用ともに価格は少し高めですが、取扱ドメイン数が400種類以上と非常に多く、マイナードメインまで網羅しています。

管理画面はシンプルで使いやすく、サーバーがロリポップの場合は連携設定もワンクリックです。

ムームードメインの評判・口コミ

良い評判

  • 管理画面が使いやすい

悪い評判

  • ドメイン費用が少し高い

今までずっとお名前.com使ってたけど情報わかりにくいなーと思って、初めてムームードメイン使ってみたらすごい見やすかった。

お名前はリピーター多いから見た目変えない保守的な考え?それかSEOのため?

引用元: コサカ/digita@kosaka_digita

ムームードメインは少し高いよね

だけど使いやすいから使っているよ

お名前ドットコムはとっても使いにくいんだ

引用元: 苺日記@コロナ嫌い@_ichigo55

4. お名前.com

お名前.com

おすすめ度: (3.5)

◎: 運営の信頼性
運営会社 GMOインターネット(株)
運営実績 1999年〜
◎: ドメイン種類
取扱ドメイン数 426種類
◎: 費用
.com取得費用 99円 (税込)
.com更新費用 1,408円 (税込)
○: サービス
Whois公開代行 あり (.jpは不可)
ドメインロック あり (1,078円/年)
サーバー提供
サポート体制 電話・メール

お名前ドットコムは、抜群の知名度を誇り、国内シェアNo.1のドメイン取得サービスです。

ドメイン取得費用は国内最安値を掲げています。また、追加オプションの充実度は随一で、ドメイン移管ロックなどセキュリティ関連も万全です。

単にサービス面だけを比較するとかなり優れているのですが、実際に利用してみると管理画面が複雑で使いにくさを感じるため4位としました。

お名前.comの評判・口コミ

良い評判

  • ドメイン取得費用が安い

悪い評判

  • 管理画面が使いにくい
  • 広告メールがたくさん届く

お名前.comは、サイトが重い、ポップアップが多い、Whois情報の公開代行を後から申し込む場合は有料、の3つの点から使いにくいので最近は使っていない

引用元: さくら@sakuranetbiz6

お名前.comからのメールってなんでこんなに煽ってくるんだろう。さらに毎日広告メール多すぎる。大切なメールを見逃してしまうので件名かメアドで区別してほしい。

引用元: はぶけん@habuken19

5. バリュードメイン

バリュードメイン

おすすめ度: (3.5)

◎: 運営の信頼性
運営会社 GMOデジロック
運営実績 2002年〜
○: ドメイン種類
取扱ドメイン数 108種類
○: 費用
.com取得費用 968円 (税込)
.com更新費用 1,408円 (税込)
○: サービス
Whois公開代行 あり
ドメインロック あり (無料)
サーバー提供
サポート体制 メール・チャット

バリュードメインは、GMOデジロックが提供している老舗のドメイン取得サービスです。

GMOグループが運営するサービスとして信頼性は抜群で、まとめ買い割引・お得意様割引といった複数ドメイン取得でお得な特典があります。

他のGMO系のドメイン取得サービスにない特徴として、.jpドメインのWhois情報を登録者名まで含めて完全に非公開にすることができます。

バリュードメインの評判・口コミ

良い評判

  • .jpのWhois非公開ができる

悪い評判

  • 管理画面が使いにくい

バリュードメインを選ぶメリットとしては、.jpドメインのWhois代理公開が可能なことです。
一般的に、.jpドメインはWhois代理公開でも、ドメインの所有者名を隠すことができません。
しかし、バリュードメインであれば、本名まで完全に隠すことができてとても助かります。

引用元: 相互垢@中古ドメイン販売@3y84_

バリュードメインって、どうしてここまで使いにくいインターフェースを思いついたのか。
貴重なメインメニューに、ログインとログアウトのボタンが同時に表示されてるって奇跡に近い所行。

引用元: モン・サン=ミシェル三太夫@sand_and_you2

6. Googleドメイン

Googleドメイン

おすすめ度: (2.5)

https://domains.google

◎: 運営の信頼性
運営会社 Google LLC
運営実績 2015年〜
◎: ドメイン種類
取扱ドメイン数 331種類
△: 費用
.com取得費用 1,540円 (税込)
.com更新費用 1,540円 (税込)
○: サービス
Whois公開代行 あり (.jpは不可)
ドメインロック あり (無料)
サーバー提供 なし
サポート体制 メール

Googleドメインは、シンプルでわかりやすい操作性が特徴のドメイン取得サービスです。

ドメイン価格は安くありませんが、取得費用と更新費用は等しくオプションも全て込みの価格と、透明性のある料金体系となっています。

他社では有料オプションのドメイン移管ロックやDNSSECが無料で設定できるので、セキュリティを重視する方はトータル費用が安くなります。

Googleドメインの評判・口コミ

良い評判

  • 管理画面が使いやすい
  • セキュリティ対策が万全

悪い評判

  • ドメイン費用が少し高い

ドメイン取得と言えばお名前ですが、Googleドメイン良くないですか?

他の良いドメインをサジェストしてくれますし、ドメインが読みやすいかどうかのチェックもしれくれますし、オプション料金とかもかかりませんし、Googleのサービスなのでセキュリティもデフォルトで万全ですし、最高なのでは?

引用元: シェフ@青森のフリーランスプログラマー@Chef_of_SW

Googleドメイン、使いやすいのはいいんだがえらく高い・・・お名前.comだと1000円なのが4000円になる

引用元: モリリン@Morlin1129

独自ドメイン取得に役立つ用語集

独自ドメイン取得に役立つ用語集

この章では、独自ドメインの取得時に出てくる専門用語をわかりやすく解説していきます。

記事の途中でわからない用語があった時には、確認しながらドメイン取得を進めてみてください。

トップレベルドメイン

トップレベルドメイン:TLDとは、独自ドメイン末尾のドット(.)以降の文字列の部分のことです。

TLDには.com.net.orgなど様々な種類があり、それぞれのドメイン取得サービスごとに取り扱っているTLDが異なります。

どのTLDを選んでも実運用上は全く変わりないのですが、.com.net.orgのように有名なTLDを選ぶのがおすすめです。

gTLD

Generic Top Level Domainの略で、分野別のトップレベルドメインのことです。

gTLDは、地理的な制限がなく世界中のどこからでも取得ができます。当初想定された用途がありますが、多くのgTLDは取得制限はありません。

gTLD用途取得制限
.com商業組織なし
.netネットワークなし
.org非営利組織なし
.info情報提供者なし
edu教育機関教育機関
.bizビジネスビジネス

参考)gTLDの一覧表

ccTLD

Country Code Top Level Domainの略で、各国別のトップレベルドメインのことです。

ccTLDは、各国に1つずつ割り当てられていて、その国に属する個人/組織以外は取得できません。

ccTLDエリア
.jp日本
.usアメリカ
.ukイギリス
.auオーストラリア
.caカナダ

参考)ccTLDの一覧表

中古ドメイン

中古ドメインとは、過去に第三者が取得・運用していて中古販売されているドメインのことです。

中古ドメインは被リンク評価を引き継げるため、新規ドメインより検索順位が上がりやすいと言われていて、定価以上の価格で取引されています。

ただし、中古ドメインの中には悪質なSEO対策により手動ペナルティを受けているハズレドメインも存在するので、選定には注意が必要です。

Whois情報公開代行

Whois情報公開代行

Whois情報公開代行は、プライバシー保護のためドメインの登録者情報を非公開にする機能です。

ドメイン登録の際には、氏名・住所・電話番号・メールアドレスなどの情報をWhoisに提供することがICANNにより義務付けられています。

Whois情報公開代行のオプションを設定することで、Whoisの公開情報をドメイン登録業者の情報に置き換えて表示することができます。

ドメインロック

ドメインロックとは、所有者が意図しないドメイン移管を防ぎセキュリティを強化する機能です。

ドメイン取得サービスごとに呼び名は異なり、「ドメインロック」「レジストラロック」「トランスファーロック」などと呼ばれています。

過去には、不正なドメイン移管によるドメイン乗っ取り事件が起きたこともあるため、ドメインロックは重要なセキュリティ対策になります。

人気アニメシリーズ「ラブライブ!」の公式サイトが正常に表示できない状態になっていたことが分かった。異常は2019年4月5日未明からと見られ、「ラブライブは我々が頂いた!」とのテキストが表示され、一定時間で別のゲームのサイトに誘導されるようになっていた。4月8日12時現在でもサイトは閉鎖中で「安全確認中のため、サイトを一時的に非公開とさせていただきます」とのメッセージが表示されている。

第三者が公式サイトのドメイン名の管理を自らに移転し、制作したページを表示させていたとみられる。

引用元: 日本経済新聞-人気アニメ「ラブライブ!」公式サイトが乗っ取られる

まとめ

今回は、独自ドメインについて、取得時のポイントやおすすめの取得サービスを解説しました。

記事のポイントをまとめます。

本記事のポイント
  • ドメイン取得の際は、更新費用の安さや運営元の信頼性などがポイントです
  • 6社のドメイン取得サービスの料金や各種条件を比較しながら解説しました
  • エックスドメインが最もおすすめのドメイン取得サービスとなります

同じカテゴリーの記事

以上、「独自ドメイン取得におすすめのサービスを比較」でした。

この記事の参考情報

ジャンプできる目次
閉じる