【裏技】知らなきゃ損!独自ドメインを無料で取得する方法を紹介

独自ドメインは、レンタルサーバーの特典を利用することで無料で取得可能です。

無料の独自ドメインは、取得費用だけでなく毎年の更新費用も永久無料となり、Webサイト運営の費用を大幅に抑えられます。

独自ドメインを無料でもらえるレンタルサーバーやその申し込み方法とは?

本記事は、ブログブートキャンプのブログの始め方-WordPressの独自ドメインに関する内容となります。

レオ

独自ドメインが無料でもらえる方法があるって聞いたんだけど、どうやればいいの?

アレックス

独自ドメイン側ではなく、レンタルサーバー側からの申し込みが必要だ。手順を確認しよう。

ジャンプできる目次

この記事の著者

アレックス
@blog_bootcamp

アレックス(ALEX)

10年間のブログ経験を活かしてブログブートキャンプを2020年に設立。ブログ運営スキルを鍛え上げるためのノウハウを発信中。

独自ドメインは無料で取得可能

ConoHa WINGの独自ドメイン無料サービス
ConoHa WINGの独自ドメイン無料サービス

独自ドメインは、レンタルサーバーの特典を利用して申し込むと完全無料で取得可能です。

独自ドメインが無料でもらえるレンタルサーバーは、次の4社です。各サービスごとに、独自ドメイン無料特典の適用条件が異なっています。

サーバー名無料の適用条件
WINGパックの契約
12ヶ月以上の契約
キャンペーン時の契約
キャンペーン時の契約

おすすめはドメイン無料特典が常に適用されるConoHa WINGロリポップです。エックスサーバーやmixhostはキャンペーン時のみです。

各サーバーの詳しい比較はこちら

独自ドメインを無料で取得する方法

独自ドメインを無料で取得する方法

ここからは、実際に独自ドメインを無料で取得するための方法を解説していきます。

以下の手順では、レンタルサーバー申し込み〜独自ドメイン無料取得までを最短10分ほどで進められるので、ぜひ気軽に試してみてください。

1. 対象のレンタルサーバーを選ぶ

ConoHa WINGのドメイン無料
ConoHa WING(常時2つ無料)
ロリポップのドメイン無料
ロリポップ(常時1つ無料)
エックスサーバーのドメイン無料
エックスサーバー(キャンペーン時)
mixhostのドメイン無料
mixhost(キャンペーン時)

まずは、独自ドメイン無料特典があるレンタルサーバーから申し込む対象を選びましょう。

サーバー選びで迷ったら、サーバーの処理速度が速いため快適で操作画面も使いやすいと評判のConoHa WINGが最もおすすめとなります。

以下のレンタルサーバー公式サイトのリンクから、各サービスの詳細を確認してみてください。

レオ

公式サイトから普通に申し込んでいけば、独自ドメインがもらえるの?

アレックス

そうだ!ただし、サーバーごとに独自ドメイン無料プレゼント特典の適用条件が異なるのでしっかり確認しておこう。

2. 取得する独自ドメインを考える

独自ドメインの決め方

サーバー申し込みの途中で、無料特典でもらう独自ドメインを選択するよう求められます。

ドメインの前半部分は、予定しているサイト名やジャンル名、ハンドルネームからキーワードを抽出し、覚えやすい文字列を設定してみましょう。

また、ドメインの末尾は.com .net などから好みのものを選択します。迷ったら、最もメジャーな.comを選べば間違いありません。

そこそこでよしとする

完璧な名前を選ぶことに夢中になってしまう人がたくさんいますが、その時間は、まずまずのドメイン名を使って優れたブランドを構築するために費やすこともできたはずです。完璧なドメインを選ぶことに捕らわれてなかなかビジネスやプロジェクトを立ち上げられない、ということにならないようにしましょう。

引用元: Google Domains-最適なドメイン名の決め方

3. レンタルサーバーと契約する

あとは、レンタルサーバー公式サイトのフォームに従って、申し込みを進めていけばOKです。

申し込み手順がわからないという方向けに、各レンタルサーバーの申し込み手順を解説した記事を用意しているので、参考にしてみてください。

ConoHa WINGの申し込み手順はこちら

ロリポップの申し込み手順はこちら

エックスサーバーの申し込み手順はこちら

mixhostの申し込み手順はこちら

まとめ

今回は、レンタルサーバーの特典で独自ドメインを無料で取得する方法について解説しました。

記事のポイントをまとめます。

本記事のポイント
  • 独自ドメインは、レンタルサーバーの特典の利用で無料で取得可能です
  • ドメイン無料の適用条件を満たすよう注意して、申し込みをしてみましょう

同じカテゴリーの記事

以上、「独自ドメインを無料で取得する方法」でした。

この記事の参考情報

ジャンプできる目次
閉じる