【楽勝】WordPressローカル環境の構築方法を解説 | Windows/Mac

WordPressのローカル環境は、専用ツールを使うことで簡単に構築可能です。

ローカル環境に構築したWordPressは開発環境として非常に便利で、後にサーバー上の本番環境に移行することもできます。

WordPressをローカルにインストールする方法やおすすめの環境構築ツールとは?

本記事は、ブログブートキャンプのブログの始め方-WordPressに関する内容となります。

レオ

自分のパソコンにWordPressのローカル環境を構築したい!

アレックス

Localというツールを使ってWordPressのローカル環境を簡単に構築できるぞ!手順を確認していこう。

ジャンプできる目次

この記事の著者

アレックス
@blog_bootcamp

アレックス(ALEX)

10年間のブログ経験を活かしてブログブートキャンプを2020年に設立。ブログの専門家として、ブログ運営スキルを鍛え上げるノウハウを発信中。

記事の編集ポリシー・レビューガイドライン

スポンサーリンク

WordPressのローカル環境構築ツール

ツール名 価格 対応OS Webサーバー データベース 操作画面 構築の難易度
Local 無料 Windows/macOS/Linux Apache/nginx MySQL GUI 簡単
XAMPP 無料 Windows/macOS/Linux Apache MariaDB GUI 普通
MAMP 無料/有料 Windows/macOS Apache/nginx MySQL/SQLite GUI 普通

WordPressローカル環境構築ツールを比較表にまとめました。

いずれのツールを使ってもWordPressはローカル環境で確実に動きますが、ツールの扱いやすさや環境構築の難易度で多少の違いがあります。

2021年現在WordPressのローカル環境を構築するなら、最も手軽なLocalをおすすめします。

この記事では、Local by flywheelを使った手順を解説していきます。

スポンサーリンク

Local by Flywheelの使い方

Local by flywheel

https://localwp.com

Local by Flywheel(ローカル)は、WordPressに特化したローカル環境構築ツールです。

サーバーに関する知識・技術をほとんど必要せず、非エンジニアでも扱いやすいことが特徴で、WordPressローカル環境を簡単に構築可能です。

開発元のFlywheelは、WordPress向けにレンタルサーバーを提供している企業で、2019年には同業大手のWP Engineに買収されています。

1. Localのダウンロード&インストール

Local by flywheelをダウンロード

まずは、Localの公式サイトにアクセスしてツールをダウンロードします。

トップページの右上にある「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてください。

Local by flywheelのダウンロードに必要な項目

フォームは、OSとメールアドレスだけ入力すればOKです。入力後に「GET IT NOW!」をクリックすると、Localのダウンロードが始まります。

ダウンロードが完了したら、それぞれのOSに応じた方法でLocalをインストールしてください。

2. Localの環境設定

Local by flywheelを起動

Localを起動して、ツール中央に表示されている「CREATE A NEW SITE」をクリックします。

Local by flywheel What's your sites's name?

WordPressローカル環境の名前とするサイト名を入力してください。

また、「ADVANCED OPTIONS」をクリックすると、必要に応じて仮想ホスト名やファイルの保存場所を変更することもできます。

  • Local site domain: 仮想ホスト名
  • Local site path: ファイル保存場所
  • Create site from Blueprint?: 予めテーマやプラグインをインストールした雛形を使うか

入力が完了したら、「CONTINUE」をクリックして次へ進みましょう。

Local by flywheelのWebサーバー環境設定

PHP・Webサーバー・MySQLのバージョンを設定します。

初期設定で問題ない場合は「Preferred」を選べばOKです。変更が必要な場合は、「Custom」を選択して希望バージョンを設定してください。

Local by flywheelのWordPressログイン情報設定

WordPressのログインに使うユーザー名・パスワード・メールアドレスを入力します。

また、WordPressをマルチサイトにしたい場合は、「ADVANCED OPTION」からサブドメインやサブディレクトリを選択できます。

ADD SITE」をクリックすると、WordPressローカル環境の構築が自動で始まります。

Localで構築したWordPressローカル環境

WordPressのローカル環境へアクセスするには、Localの画面右上にある「ADMIN」と「OPEN SITE」を使います。

ADMIN」をクリックすると、WordPressのダッシュボードへのログイン画面が表示されます。

OPEN SITE」をクリックすると、WordPressで作ったサイトのトップページが表示されます。

3. WordPressローカル環境を共有

Local by flywheelで作成したWordPressローカル環境を共有

Localで作成したWordPressローカル環境は、共有URLを通じて外部と共有することが可能です。

ここから先の手順は必須ではありませんが、共有が必要な場合はLive Linkの隣にある「Enable」をクリックして共有を有効にしてください。

Local by flywheelの共有URL

Live Linkの部分に共有URLが表示されます。共有URLへアクセスすると、外部環境からでもローカル環境上のWordPressにアクセスができます。

ただし、共有URLはLocalの起動中のみ有効で、パソコンをシャットダウンすると共有リンクにアクセスできなくなるので注意が必要です。

ローカルから本番環境への移行方法

ローカル環境から本番環境への移行方法

WordPressのローカルから本番環境(サーバー)への移行は、プラグインで簡単に実行できます。

ローカルから本番環境への移行本番環境からローカルへの移行でも手順は同じで、移行元でエクスポートして移行先でインポートするだけです。

WordPress移行用プラグインであるAll-in-One WP Migrationの使い方は、以下の関連記事で詳しく説明しているので、併せてご覧ください。

All-in-One WP Migrationの使い方はこちら

移行先のサーバーが決まっていない方はこちら

まとめ

今回は、WordPressローカル環境について、構築方法や本番環境への移行方法を解説しました。

記事のポイントをまとめます。

本記事のポイント
  • WordPressのローカル環境は、専用ツールを使うことで簡単に構築可能です
  • ローカル環境構築ツールとしては、Local by flywheelをおすすめします
  • ローカル環境から本番環境への移行は、プラグインで簡単に実行できます

同じカテゴリーの記事

以上、「WordPressローカル環境の構築方法」でした。

この記事の参考情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ジャンプできる目次
閉じる