【お得】少しでも安く!初期費用無料のレンタルサーバーまとめ表

レンタルサーバーの初期費用は、サーバー会社との契約時に必要な一時金です。

初期費用の相場は月額費用の1.5〜3倍ほどとなっていますが、少数ながらも初期費用無料のレンタルサーバーが存在します。

初期費用無料のレンタルサーバーを選んで、少しでも費用を抑えてみませんか?

本記事は、ブログブートキャンプのブログの始め方-WordPressのサーバーに関する内容となります。

レオ

レンタルサーバーの契約時に初期費用がかかるらしいんだけど、できれば払いたくない…!

アレックス

レンタルサーバーの中には初期費用無料のものもあるぞ。今回はおすすめ5社を紹介しよう!

ジャンプできる目次

この記事の著者

アレックス
@blog_bootcamp

アレックス(ALEX)

10年間のブログ経験を活かしてブログブートキャンプを2020年に設立。ブログの専門家として、ブログ運営スキルを鍛え上げるノウハウを発信中。

記事の編集ポリシー・レビューガイドライン

スポンサーリンク

レンタルサーバーの初期費用とは?

レンタルサーバーの初期費用と月額費用

レンタルサーバーの利用でかかる初期費用と月額費用の違いは、次の通りです。

  • 初期費用
    レンタルサーバー契約時に1度だけかかる料金
  • 月額費用
    レンタルサーバーを利用するための利用料金

マンション・アパートなどの賃貸契約で例えると、敷金・礼金に相当するのが初期費用、家賃に相当するのが月額費用ということになります。

この記事では、初期費用が無料のレンタルサーバーについて紹介していきます。

アレックス

通常、レンタルサーバーの新規契約時には、初期費用+数カ月分の月額費用が必要になるぞ。

スポンサーリンク

初期費用無料のレンタルサーバー比較表

レンタルサーバー プラン名 初期費用 月額費用 お試し期間 Webサーバー ディスク種類 ディスク容量 通信プロトコル 転送量の上限 バックアップ サポート体制
ベーシック 無料 1,320円 (税込) なし Apache + nginx SSD 300GB HTTP/2 無制限 無料/自動
過去14日分
電話・メール・チャット
ハイスピード 無料 1,320円 (税込) 10日間無料 LiteSpeed SSD 400GB HTTP/2 無制限 無料/自動
過去7日分
電話・メール・チャット
RS 無料 1,430円 (税込) なし Apache + nginx SSD 400GB HTTP/2 無制限 無料/自動
過去14日分
電話・メール
スタンダード 無料 1,650円 (税込) 30日間返金保証 LiteSpeed SSD 300GB HTTP/3 無制限 無料/自動
過去14日分
メール
スタンダード 無料 1,320円 (税込) 10日間無料 Apache + nginx NVMe SSD 300GB HTTP/2 無制限 無料/自動
過去14日分
電話・メール

初期費用無料のレンタルサーバーの情報を比較表にまとめました。

初期費用無料のレンタルサーバーの中でも、月額費用が特に安いサービスはロリポップのハイスピードプランであることがわかります。

エックスサーバーの初期費用は3,300円(税込)と少し高かったのですが、2022年8月の料金プラン改定で初期費用が無料になりました。

レオ

月額費用やお試し期間とか、レンタルサーバーごとに内容が結構違うんだね。

アレックス

記事の後半では、各サーバーの詳細情報を載せているので、じっくり比較しながら選んでみて欲しい。

月額費用が安いレンタルサーバーはこちら

初期費用無料のレンタルサーバー 一覧

初期費用無料のレンタルサーバー 一覧

ここからは、初期費用が無料のレンタルサーバー各社の主な特徴を紹介していきます。

価格関連の情報に加えて、サーバーのスペックやサポートに関する情報も載せているので、レンタルサーバー選びの参考にしてみてください。

レンタルサーバーの費用を抑えたい方には、初期費用が無料かつ36ヶ月契約で月額料金:550円(税込)になるロリポップが特におすすめです。

1. ConoHa WING

公式:

◎: 運営の信頼性
運営会社 GMOインターネット(株)
運営実績 2018年〜
○: 費用
初期費用 無料
月額費用 1,320円 (税込)
◎: スペック
サーバータイプ リソース共有型
Webサーバー Apache + nginx
ディスク種類 SSD
ディスク容量 300GB
通信プロトコル HTTP/2
転送量の上限 無制限
○: セキュリティ
WAF 対応
IDS/IPS 非対応
改ざん通知 非対応
国外IP制限 対応
◎: サービス
無料ドメイン あり(WINGパック)
バックアップ 無料/過去14日分
サポート体制 電話・メール・チャット
ベーシックプランの情報を記載

比較表に戻る

は、処理速度を売りにしていてブロガーに高い人気を誇るレンタルサーバーです。

初期費用無料・最低利用期間なしと縛りは緩く、1時間2円・1ヶ月最大1,320円(税込)という料金体系なので、無駄なコストは一切発生しません。

コスト・性能・使いやすさなど、あらゆる面でバランスが取れたサービスで、迷ったらConoHa WINGを選べば失敗はないと断言します。


 \500円OFFクーポン付き/

公式サイト:

500円OFFクーポン

ConoHa WING 500円OFFクーポン配布中

当サイトのリンクからに新規申し込みすると支払料金が500円になるOFFになるクーポンが自動適用されます。

ブログブートキャンプ特典 500円OFFクーポン

2. ロリポップ

公式:

◎: 運営の信頼性
運営会社 GMOペパボ(株)
運営実績 2001年〜
○: 費用
初期費用 無料
月額費用 1,320円 (税込)
○: スペック
サーバータイプ リソース共有型
Webサーバー LiteSpeed
ディスク種類 SSD
ディスク容量 400GB
通信プロトコル HTTP/2
転送量の上限 無制限
○: セキュリティ
WAF 対応
IDS/IPS 非対応
改ざん通知 対応
国外IP制限 対応
◎: サービス
無料ドメイン あり(12ヶ月以上契約)
バックアップ 無料/過去7日分
サポート体制 電話・メール・チャット
ハイスピードプランの情報を記載

比較表に戻る

は、長年の運営実績があり、コストパフォーマンスも抜群のレンタルサーバーです。

従来のプランは1,650円(税込)の初期費用がかかったのですが、新しく登場したハイスピードプランでは初期費用が無料に設定されています。

初期費用は無料で月額費用も安く、サーバーの処理速度も速いとコスパは抜群で、価格を重視する方に最もおすすめのサーバーとなります。


公式サイト:

3. お名前.com

公式:

◎: 運営の信頼性
運営会社 GMOインターネット(株)
運営実績 1999年〜
○: 費用
初期費用 無料
月額費用 1,430円 (税込)
○: スペック
サーバータイプ リソース共有型
Webサーバー Apache + nginx
ディスク種類 SSD
ディスク容量 400GB
通信プロトコル HTTP/2
転送量の上限 無制限
○: セキュリティ
WAF 対応
IDS/IPS 非対応
改ざん通知 対応(有料)
海外IP制限 対応
○: サービス
無料ドメイン あり(12ヶ月以上利用)
バックアップ 無料/過去14日分
サポート体制 電話・メール
RSプランの情報を記載

比較表に戻る

は、ドメイン取得サービスの「お名前.com」が提供しているレンタルサーバーです。

初期費用無料以外にも最初の2ヶ月無料・独自ドメイン無料というお得な特典があり、1年間の費用がどこよりも安いことを売りにしています。

サーバーだけでなく独自ドメインまで含めて費用を抑えたい方は、ぜひ検討してみてください。


4. mixhost

公式:

△: 運営の信頼性
運営会社 アズポケット(株)
運営実績 2016年〜
△: 費用
初期費用 無料
月額費用 2,200円 (税込)
◎: スペック
サーバータイプ リソース保証型
Webサーバー LiteSpeed
ディスク種類 SSD
ディスク容量 300GB
通信プロトコル HTTP/3
転送量の上限 無制限
◎: セキュリティ
WAF 対応
IDS/IPS 対応
改ざん通知 対応
海外IP制限 非対応
△: サービス
無料ドメイン あり(キャンペーン時)
バックアップ 無料/過去14日分
サポート体制 メール
スタンダードプランの情報を記載

比較表に戻る

は、ハイスペックを売りに最新のサーバー技術を取り入れているレンタルサーバーです。

最低契約期間の3ヶ月では月額費用:約1,650円と少し高くなりますが、年単位の長期契約をすると約1,000円と他社同等の水準まで下がります。

日本で初めてサーバーソフト: LiteSpeedや通信プロトコル: HTTP/3に対応した実績があり、最新・高機能の環境が好きな方におすすめです。


公式サイト:

5. エックスサーバー

公式:

◎: 運営の信頼性
運営会社 エックスサーバー(株)
運営実績 2003年〜
○: 費用
初期費用 無料
月額費用 1,320円 (税込)
◎: スペック
サーバータイプ リソース保証型
Webサーバー Apache + nginx
ディスク種類 NVMe SSD
ディスク容量 300GB
通信プロトコル HTTP/2
転送量の上限 無制限
○: セキュリティ
WAF 対応
IDS/IPS IDSのみ対応
改ざん通知 非対応
国外IP制限 対応
◎: サービス
無料ドメイン あり(24ヶ月以上契約)
バックアップ 無料/過去14日分
サポート体制 電話・メール
スタンダードプランの情報を記載

比較表に戻る

は、総合力が高く国内シェアNo.1を獲得しているレンタルサーバーです。

国内シェアNo.1の確かな実績が示す通り、コスト・性能・使いやすさのバランスが良く、サーバーの安定性は随一と言っていいレベルです。

エックスサーバーでは、2022年8月から全てのプランの初期費用が無料になりました。


公式サイト:

まとめ

今回は、初期費用が無料のレンタルサーバーについて、各社を比較しながら解説しました。

記事のポイントをまとめます。

本記事のポイント
  • レンタルサーバーの初期費用とは、契約時に1度だけ必要な一時金です
  • 初期費用無料のレンタルサーバーとして、ConoHa・ロリポップ・お名前.com・mixhostを紹介しました
  • 人気のエックスサーバーも2022年8月から初期費用が無料になりました
ConoHa WING

 \500円OFFクーポン付き/

ConoHa WINGは、処理速度を重視する方におすすめ!また、使いやすさにも定評があります。WINGパックでは独自ドメインが無料でもらえます。

エックスサーバーは、安定性を重視する方におすすめ!国内のサーバーの中でのシェアは14%超で堂々のNo.1です。10日間の無料お試し期間があります。

ロリポップは、コスパを重視する方におすすめ!サーバースペックが改善されて処理速度も大幅に向上しています。10日間の無料お試し期間があります。

同じカテゴリーの記事

WordPress用レンタルサーバーのおすすめ

以上、「初期費用無料のレンタルサーバーまとめ」でした。

この記事の参考情報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【広告主の開示】
※当サイトは、広告主から支払われる広告収入を主な収入源として運営を行っています。
※当サイトの記事では、商品・サービスの紹介に広告主のアフィリエイト広告を利用しています。
※記事で紹介した商品・サービスを購入すると、広告主から当サイトに報酬が支払われることがあります。
ジャンプできる目次