【2020年最新】All in One SEO Packの設定方法・使い方まとめ

All in One SEO Packは、SEOの内部対策に関連する設定ができるプラグインです。

SEOの内部対策は、ウェブサイトの運営者が自分でコントロール可能な要素であり、最初にやるべきSEO対策となります。

検索エンジンでの上位表示に効くAll in One SEO Packの設定方法や使い方とは?

本記事は、ブログブートキャンプブログの始め方-WordPressプラグインに関する内容となります。

レオのアイコン画像レオ

ブログのSEO対策って何もしてないけど、どうしたらいいの?

アレックスのアイコン画像アレックス

All in One SEO Packで、メタタグやサイトマップを設定するのが基本だ。やり方を確認していこう!

スポンサーリンク

ジャンプできる目次

この記事の著者

アレックス
Alex

ブログブートキャンプ アレックス

10年間のブログ経験を活かしてブログブートキャンプを2020年に設立。ブログ運営スキルを鍛え上げるためのノウハウを発信中。

All in One SEO Packとは

All in One SEO Packは、SEOの内部対策に関連する設定をできるプラグインです。

適切な内部対策を行うことにより、検索エンジンがコンテンツを正しく理解することができ、結果として検索順位が上がりやすくなります。

例えば、All in One SEO Packでは次のような内部対策を簡単に実施することができます。

  • タイトルタグ
  • メタディスクリプション
  • メタキーワード
  • 構造化データ
  • canonicalタグ
  • XMLサイトマップ
  • robots.txt
レオのアイコン画像レオ

初めて聞いたSEO対策もあるけど、色々できるんだね!

アレックスのアイコン画像アレックス

かなり強力なプラグインだ!内部SEOに関しては、これ1つで広範囲をカバーできるぞ。

スポンサーリンク

All in One SEO Packの設定方法

All in One SEO Packの設定方法

All in one SEO Packで最初にしておくべき設定をSEO初心者向けに紹介していきます。

SEOと聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、この記事で紹介している通りに設定していけばOKなので、作業を進めてみてください。

WordPress管理画面 All in One SEO

WordPressの管理画面で「All in One SEO」をクリックすると、設定項目が表示されます。

アレックスのアイコン画像アレックス

今回は、初期設定から変更が必要な項目のみを解説するぞ!

一般設定

一般設定では、WordPressのトップページや記事ページが出力するタグに関する設定を行います。

検索エンジンにコンテンツの内容を正しく伝えたり、GoogleやBingの解析ツールと連携するための設定となります。

ホームページ設定

All in one SEO Pack ホームページ設定

ホームページ設定では、次のようにブログのトップページのタイトルや説明文を入力します。

  • ホームタイトル: ブログ名を入力
  • ホームのディスクリプション: ブログの説明文を入力

設定したホームタイトルとホームディスクリプションは、Googleなどの検索結果に表示されるため、SEOの観点からも重要な設定項目です。

Google検索結果

ウェブマスター認証

All in one SEO Pack ウェブマスター認証設定

ウェブマスター認証では、GoogleとBingのツールの認証キーを入力しておきましょう。

  • Google Search Console: 認証キーを入力
  • Bing Webmaster Tools: 認証キーを入力

上記の設定によりGoogleとBingのウェブマスターツールを利用でき、クローラーの巡回依頼などSEOで重要な操作が行えるようになります。

それぞれの認証キーは、ウェブマスターツールの管理画面にブログを登録すると取得可能です。

Google Search Console
Google Search Console

https://search.google.com/search-console/

Bing Webmaster Tools
Bing Web マスターツール

https://www.bing.com/webmasters

Googleアナリティクス

All in one SEO PackGoogleアナリティクス設定

Googleアナリティクスの項目は、アクセス解析ツールの認証キーを入力してください。

  • GoogleアナリティクスID: 認証キーを入力
  • 高度な分析オプション: 有効にチェック
  • トラッキングからユーザーを除外する: Administratorにチェック

上記の設定を行うと、Googleアナリティクスを使って、アクセス数やユーザー属性などのSEOに重要な情報を分析することができます。

認証キーは、Googleアナリティクスの管理画面から取得しておきましょう。

Googleアナリティクス

https://analytics.google.com/analytics/web/

Scema Settings

All in one SEO Pack Schema Settings

Schema.orgとは、構造化データとして検索エンジンに情報を伝えるための規格です。

以下のように構造化データをマークアップすると、WordPressの運営者の情報が検索エンジンに伝わり、EATを高めることができます。

  • Schema.org マークアップを使用: 有効にチェック
  • サイトリンクの検索ボックスを表示する: チェック
  • ソーシャルプロフィールのリンク: SNSのURLを1行ずつ入力
  • 個人または組織: 人にチェック
  • 担当者の名前: 手動で入力を選択
  • ユーザー名: 運営者名を入力
  • ユーザーの画像: プロフィール画像を設定

Noindex設定

All in one SEO Pack Noindex設定

Noindexとは、検索エンジンにページをインデックスしないよう指示するメタタグです。

適切にNoindexを設定することで、コンテンツとしての価値がないページが取り除かれ、ブログ全体としてのSEO評価を高めることができます。

  • カテゴリーに noindex を使用する: チェックを外す
  • 日付別アーカイブに noindex を使用する: チェックを入れる
  • 投稿者アーカイブに noindex を使う: チェックを入れる
  • タグアーカイブに noindex を使用する: チェックを入れる
  • 検索ページに noindex を使用する: チェックを入れる
  • 404ページに noindex を使用する: チェックを入れる
  • ページ/投稿のページ送りに noindex を使用する: チェックを入れる
レオのアイコン画像レオ

カテゴリーだけnoindexにしないのは、何か意味があるの?

アレックスのアイコン画像アレックス

カテゴリーに所属する全ページから内部リンクが貼られて、SEO上重要なページとして認識されやすいんだ。

詳細設定

All in one SEO Pack 詳細設定

詳細設定では、メタディスクリプションの自動生成を有効にしておきます。

記事のディスクリプションをわざわざ設定しなくても、プラグイン側で自動生成してメタタグに追記するというかなり便利な機能です。

  • ディスクリプションを自動生成する: チェックを入れる
レオのアイコン画像レオ

メタディスクリプションって何?

アレックスのアイコン画像アレックス

ページコンテンツの概要を示す説明文のことだ。内部SEOでも基本となる対策の1つだな。

キーワード設定

All in one SEO Pack キーワード設定

キーワード設定では、メタキーワードの使用を有効にしておきましょう。

  • キーワードを使用する: チェックを入れる
  • メタキーワードとしてタグを使う: チェックを外す
  • 動的に投稿ページ/アーカイブのためのキーワードを生成する: チェックを外す
レオのアイコン画像レオ

メタキーワードって意味ないって聞いたけど?

アレックスのアイコン画像アレックス

検索アルゴリズムが評価する指標の重み付けは常に変動しているんだ。今後、重視される可能性もあるから必ず設定しよう。

全ての設定が完了したら、下にある「設定を更新」をクリックして変更を反映しておきましょう。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップでは、検索エンジンのクローラー向けのサイトマップに関する設定を行います。

サイトマップを出力しておくことで、検索エンジンのクローラーは全てのページを抜け漏れなくクローリング・インデックスしてくれます。

XMLサイトマップの例

XMLサイトマップ

All in one SEO Pack XMLサイトマップ設定

XMLサイトマップを自動的に生成して出力するために、以下の通り設定をしてください。

  • サイトマップインデックスを有効化: チェックを入れる
  • 投稿タイプ: 投稿と固定ページにチェック
  • タクソノミー: カテゴリーのみにチェック
  • 画像を除外: チェックを入れる
  • サイトマップを動的に生成: チェックを入れる

XMLサイトマップは、Googleサーチコンソールに登録することで効果を発揮します。

Googleサーチコンソール サイトマップの送信

サイトマップの項目にsitemap.xmlと入力し、「送信」をクリックしてください。

Additional Sitemaps

All in one SEO Pack Additional Sitemaps設定

Additional Sitemapでは、XMLサイトマップと組み合わせると効果的なRSSサイトマップの出力設定をしておきます。

  • RSS サイトマップを作成: チェックを入れる
  • Google News Sitemap Post Types: 投稿にチェック

RSSサイトマップも同様に、Googleサーチコンソールに登録することで効果を発揮します。

Googleサーチコンソール サイトマップの送信

サイトマップの項目にsitemap.rssと入力し、「送信」をクリックしてください。

ソーシャルメディア

ソーシャルメディアでは、SNSで記事がシェアされた際のタイトルやサムネイルの設定をします。

All in One SEO Pack ソーシャルメディア設定

WordPressの管理画面から「All in One SEO→機能管理」と進んでいき、ソーシャルメディアの項目で「Activate」をクリックしてください。

ホームページ設定

All in One SEO Pack ソーシャルメディアのホームページ設定

ホームページ設定では、トップページがシェアされた時の設定を次の通り入力してください。

  • AIOSEO の Title と Description を使用する: チェックを入れる
  • サイト名: ブログのタイトルを入力
  • ホーム画像: トップページのサムネイルとする画像をアップロード

画像設定

All in One SEO Pack ソーシャルメディアの画像設定

画像設定では、記事がシェアされた時にアイキャッチ画像がサムネイルとなるように設定します。

  • OG:Image ソースを選択: アイキャッチ画像を選択
  • デフォルトの OG:Image: アイキャッチ画像がない時にサムネイルとしたい画像をアップロード

Facebook設定

All in One SEO Pack ソーシャルメディアのFacebook設定

Facebookでの記事シェアに関する設定を行います。

Facebookで取得したApp IDが必要になるので、自分のアカウントを公表したくない場合などは、この設定はスキップしても構いません。

  • Facebook App ID: Facebook for Developersで取得したIDを入力
  • Facebook Publisher の記事を表示: ブログのFacebookページがあれば入力
  • 記事に Facebook の著者を表示: チェックを入れる

App IDは、Facebook for Developersというサービスで取得することができます。

Facebook for Developers

https://developers.facebook.com

Twitter設定

All in One SEO Pack ソーシャルメディアのTwitter設定

Twitterでの記事シェアに関する設定を行います。

  • デフォルトTwitterカード: 要約の大きい画像を選択
  • Twitterサイト: TwitterのユーザIDを入力
  • Twitter投稿者を表示: チェックを入れる
  • Twitterドメイン: ブログのドメインを入力

例えばTwitterでは、以下のようにサムネイル画像やタイトル・説明が表示されるようになります。

All in One SEO Packの設定後に、Twitterでシェアした例

以上の設定が完了したら、下にある「設定を更新」をクリックして変更を反映してください。

All in One SEO Packの使い方

All in One SEO Packの使い方

プラグインのインストールと設定が完了すると、記事や固定ページの投稿画面の下部に、 All in One SEO Packという項目が追加されます。

All in One SEO Pack 記事の投稿画面

基本的に設定が必要な項目は、次の3つです。

  • タイトル
  • 説明
  • キーワード

この記事で紹介した通り設定が完了していれば、タイトルと説明は自動で入力されるので、記事で狙うキーワードだけ手動で入力してください。

SEOの内部対策に関する設定は、地道な作業で面倒と感じるかもしれませんが、小さな積み重ねがアクセスを集める上で重要になります。

まとめ

今回は、WordPressプラグインのAll in One SEO Packについて、設定方法や使い方を解説しました。

記事のポイントをまとめます。

本記事のポイント
  • All in One SEO Packは、SEO内部対策に関連する設定ができるプラグインです
  • 設定方法として、メタタグやサイトマップを出力する設定例を紹介しました
  • 基本の使い方として、投稿画面でのタイトルや説明文の入力方法を解説しました

同じカテゴリーの記事

以上、「All in One SEO Packの設定方法・使い方まとめ」でした。

スポンサーリンク

ジャンプできる目次
閉じる