【2020年最新】WP Super Cacheの設定方法・使い方(不具合対処も紹介)

WP Super Cacheは、WordPressにキャッシュ機能を導入できるプラグインです。

キャッシュを有効化すると、ページの表示速度を高速化したり、PageSpeed Insightsの点数を上げることができます。

WP Super Cacheの基本的な使い方や設定方法とは?

本記事は、ブログブートキャンプブログの始め方-WordPressプラグインに関する内容となります。

レオのアイコン画像レオ

WordPressでのページ表示が重くて、なんとかしたい!

アレックスのアイコン画像アレックス

それなら、キャッシュ系プラグインのWP Super Cacheの導入がおすすめだ。基本的な設定方法を確認していこう。

スポンサーリンク

ジャンプできる目次

この記事の著者

アレックス
Alex

ブログブートキャンプ アレックス

10年間のブログ経験を活かしてブログブートキャンプを2020年に設立。ブログ運営スキルを鍛え上げるためのノウハウを発信中。

WP Super Cacheとは

WP Super Cacheは、WordPressにキャッシュ機能を導入できるプラグインです。

キャッシュとは、1度開いたウェブページのデータを保存しておき、再び同じページを開くときには高速で表示できるような仕組みです。

プラグインの開発元は、JetPackAkismetで有名なAutomatic社であり、他のキャッシュ系プラグインと比べても安心感は抜群です。

レオのアイコン画像レオ

キャッシュ系プラグインを複数入れたら、もっと速くなるの?

アレックスのアイコン画像アレックス

キャッシュ系プラグインは1つだけ使うのが基本だ!複数インストールすると、干渉により不具合が起きることもあるぞ。

スポンサーリンク

WP Super Cacheの設定方法・使い方

WP Super Cacheの設定方法・使い方

WP Super Cacheの使い方としては、予めキャッシュを有効化するための設定をしておきます。

設定画面には6つの項目が用意されていますが、実際に設定するのは次の3つだけでOKです。

WordPress管理画面 WP Super Cache

WordPressの管理画面から「設定→WP Super Cache」をクリックしてみましょう。

簡易設定

WP Super Cache 簡易設定

簡易設定では、WordPressでキャッシュを有効化するための設定を行います。

プラグインをインストールしただけでは、キャッシュはまだ機能していない状態で、以下の通りチェックをいれることで有効化できます。

  • キャッシング: キャッシング利用にチェック

設定後は、「ステータスを更新」を忘れずにクリックしてください。

詳細設定

WP Super Cache 詳細設定

詳細設定では、詳細のグループにある以下の3つの項目にチェックを入れます。

  • モバイルデバイスサポート: チェックを入れる
  • 投稿や固定ページの公開、または更新時にすべてのキャッシュファイルをクリア: チェックを入れる
  • コメントが投稿されたときに該当のページだけリフレッシュする: チェックを入れる

上記の設定により、アクセスしたユーザーのデバイスにより、PC版キャッシュ/モバイル版キャッシュを最適な形で使い分けてくれます。

また、記事の投稿・更新やコメントが投稿された時に、古いキャッシュが自動でクリアされます。

プリロード

WP Super Cache プリロード設定

プリロードでは、以下の通り設定して、初回アクセスに対する動作を改善します。

  • リフレッシュ間隔: 1440分(24時間)と入力
  • プリロードモード: チェックを入れる

プリロードモードを有効化すると1日ごとにキャッシュが自動生成され、ページに最初にアクセスするユーザーの表示も速くなります。

設定後は、「設定の保存」を忘れずにクリックしておきましょう。

レオのアイコン画像レオ

キャッシュプリロードをすぐに実行」も押していいのかな?

アレックスのアイコン画像アレックス

キャッシュ作成時はサーバーに負担がかかるから、早朝や深夜などアクセスが少ない時間に実行できればベストだ!

WP Super Cacheで不具合が起きたら

WP Super Cacheで不具合が起きたら

WP Super Cacheは非常に便利なプラグインですが、不具合の報告もいくつか挙がっています。

不具合を発生した場合でも落ち着いて対応を行えば、元通りに復旧できるので安心してください。

更新が反映されない

WordPressの設定変更などの更新が反映されない不具合は、キャッシュの削除で解決できます。

多くの場合、更新前のキャッシュが残っていて、古いページが表示されていることが原因です。

WP Super Cache キャッシュクリア

WordPressの管理画面から「設定→WP Super Cache→コンテンツ」と進んでください。

期限切れキャッシュを削除」と「キャッシュを削除」の両方をクリックすることで、生成されたキャッシュが全てクリアされます。

完了後、更新が反映されなかったページを再読み込みすると、不具合が解消されているはずです。

アレックスのアイコン画像アレックス

何かおかしいと思ったら、とりあえずキャッシュ削除を試してみよう。

まとめ

今回は、WordPressプラグインのWP Super Cacheについて、設定方法や使い方を解説しました。

記事のポイントをまとめます。

本記事のポイント
  • WP Super Cacheは、WordPressにキャッシュ機能を導入するプラグインです
  • 設定方法は簡単で、簡易設定や詳細設定にチェックを入れていくだけです
  • 不具合が起きた場合は、焦らずに、キャッシュの削除を試してみてください

同じカテゴリーの記事

以上、「WP Super Cacheの設定方法・使い方まとめ」でした。

スポンサーリンク

ジャンプできる目次
閉じる